工場・アパートのオーナーさん!外壁を塗りなおすだけで印象は大きく変わります。

工場・アパートの塗替え
ホーム > アパートの塗り替え

アパートの塗り替え

アパート・ビル・店舗の塗替え 四角アパート・マンションのオーナー様へ
アパートやマンションなどの場合、入居率は見た目8割で大きく変わります。 また、入居者の利便性を考え、対象顧客のニーズに合わせた外装リフォームの提案などをすることにより、入居者のアップと定着率を確保します。
建物は長年の風雨にさらされ、予想以上に傷んでいるものです。 建物の長期維持を考えるとメンテナンスは欠かせないものです。 早めの塗り替えをすることにより、建物の資産価値を落とさないようにした方がいいです。
わずらわしい近隣のご挨拶などは当社の方ですべて引き受けます。不特定多数の人が出入りするような所は現場の状況により対応します。
アパートやマンションなどの外壁塗装・屋根塗装・塗り替えなど塗装のことならサトウ建装へご相談ください。

今年の夏は節電に貢献!~遮熱塗装

夏の冷房費の削減を実現する為の遮熱塗装や断熱塗装は、夏の電力不足に効果を発揮します。
既存建物の屋根の塗替工事や屋外タンクなどの塗替工事に、高性能塗料GAINA「ガイナ」を使用することにより、
建物や設備の保全に加え、遮熱・断熱・結露防止を同時に実現できます。
昨今の猛暑・酷暑により厳しくなる作業環境の改善に、GAINAによる遮熱塗装をご検討ください。
四角ガイナを塗るだけで、夏は涼しく、冬暖かに
ガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。
加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン作用をもたらし、室内の空気質を改善。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地良い状態をもたらします。
>>ガイナについて詳しくはこちら

四角省エネ!屋根用遮熱塗料【クールタイト】(エスケー化研)
クールタイトシリーズは、建造物の屋根に塗装することで、優れた遮熱効果を発揮する屋根用の遮熱塗料です。
幅広い色相領域で夏期の熱暑を防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。
>>詳しくはエスケー化研サイトへ

クールタイトの特長
■遮熱性
太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外線領域を反射し、優れた遮熱機能を実現しました。
■高耐久性
架橋構造を持つ塗膜は、強靭で、優れた耐薬品性・耐候性・耐久性を示します。
■防かび・防藻
特殊設計により、かびや藻などの微生物による汚染に対して優れた抵抗性を示します。
■低汚染性
優れた低汚染機能を発揮し、汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期にわたって高い遮熱性を維持することができます。

工場の塗り替え

~金属屋根塗り替え工法 クールタイトEL工法(エスケー化研)
四角金属屋根の塗り替え
塗装イメージ工場・倉庫に採用されている金属屋根は、海浜地区等の立地環境が厳しい条件下に置かれているケースが多く見られます。従来の金属屋根の塗り替えは、さび止め塗装後、上塗りを行う塗装仕様が一般的でしたが、このクールタイトEL工法は中塗層に弾性機能を持つクールタイトELベースコートを塗装することで、鋼材のたわみに対しても割れることなく追従し、防食性能を飛躍的に高めることができます。また、厚膜構造により、雨音の軽減にもつながります。更に、上塗りに遮熱塗料を採用することで、夏季の室内温度の上昇を緩和し、快適な空間創りと省エネに貢献します。上塗りには、高耐久のポリウレタン樹脂塗料「クールタイト」と超耐久性を示すアクリルシリコン樹脂塗料「クールタイトSi」、ふっ素樹脂塗料「クールタイトF」の三種類があります。 このようにクールタイトEL工法は遮熱性、防食性、高耐久性を持たせた環境に優しい金属屋根の改修工法といえます。

クールタイト
四角アスベスト対策としての塗装の役割
塗装イメージアスベストの飛散防止に塗装が大きな役割を果たします。
波型スレート屋根などのアスベスト含有建材が苛酷な環境にさらされることにより表面の劣化が進み、アスベストが飛散する恐れがあります。このようなアスベスト飛散を防止するためにも、早め早めの塗装を行なうことが重要です。
また、塗装をすることにより低汚染性・遮熱性・防かび性などの機能が新たに付与されますので、安全性の確保だけでなく外壁や屋根の耐用年数を延ばすことにもつながり、建物の資産価値を高めるのに大きく貢献します。
>>詳しくはエスケー化研サイトへ
塗装イメージ

四角塗装施工時の屋根補修
屋根は外壁と異なり、劣化が数段早く進行すると言われています。そのため、塗り替えで材料を選ぶ場合、外壁に使用する塗料より1ランク上の性能を持った塗料を選択することがポイントとなります。また、屋根の種類には日本瓦、薄型塗装瓦、セメント瓦、金属など、多種多様のものがありますので、それぞれの下地の種類と劣化状況に応じてしっかりと処理を行い、最適な塗料と仕様を選定することが大切です。

金属屋根 高圧水洗(10~15MPa)で、ごみ や汚れ、こけ、浮き膜などを除去する。高圧水洗で旧塗膜が剥離し、鋼板の下地が露出した箇所は、発錆を防ぐため下地を乾燥させた後、すぐにマイルドサビガードを塗付する。さびが発生している場合はケレンを行う。
フックボルト
防水テープ補修

トタンの継ぎ目、サビによる穴等を全てふさぎ、完全な防水を実施します。
フックボルト
フックボルト防水補修

繊維の入った専用高弾性塗料でフックボルトからの水漏れやサビを防ぎ、完全に防水処理を実施します。
波型スレート屋根 高圧水洗(10~15MPa)で、ごみや汚れ、 こけ、浮き膜などを除去する。高圧水洗ができない場合、ホースで水を流しながらデッキブラシ、たわしなどで表面に付着したごみや汚れ、こけ、浮き膜などを除去する。旧塗膜がない場合にはSKトップフィラーで下地処理を行う。
フックボルト
防水テープ補修

スレートのひび割れや穴等をすべてふさぎ、漏水の危険性がある箇所の完全な防水を実施します。
フックボルト
フックボルト防水補修
フックボルトからの水漏れやサビを繊維の入った専用高弾性塗料で防ぎ、完全に防水処理を実施します。

営業エリア
主に静岡県西部地区
袋井市、磐田市、掛川市、
浜松市、森町、菊川市、
その他周辺地域
小冊子無料プレゼント
これさえあれば塗り替え前の不安も解消!
サトウ建装はJIOの保険に加入しています。 しあわせリフォームローン12回~180回分割払いOK 日本建築塗装職人の会 リクルート