屋根の塗装・塗り替えに関するポイントをご紹介します

屋根の塗り替え
ホーム > 屋根の塗り替え

屋根の塗り替え

ステップ1
ステップ1
屋根の点検イメージ 四角屋根の点検
屋根はお家によって色々な種類の屋根があります。中にはあえて塗装しなくてもいい屋根もありますし、10年に一回づつくらい塗装しなければいけない屋根もあります。屋根は紫外線や雨風などに直接あたっていて、一番条件がきびしい場所なので、素材や下地の劣化によって塗装の方法や下地処理が異なります。
サトウ建装では屋根の点検時に写真を撮ったり、お客様のご要望によってはビデオ撮影もいたします。普段屋根に登れないので屋根の状態を見ることができないお客様に代わって、しっかりと屋根の材質や下地の状況を点検いたします。
ステップ2
ステップ2
高圧洗浄工程イメージ 四角高圧洗浄
屋根のホコリや汚れ、藻、苔、塗膜のチョーキング粉、剥がれかかっている弱い塗膜などを、圧力をかけた水で洗い流します。汚れをしっかりと落とさないと塗料が密着しません。高圧洗浄は、塗装の工程でもかなり重要な作業工程です。屋根によってはデッキブラシなどを併用して作業いたします。屋根を洗浄後に軒樋や集水桝の洗浄もいっしょにします。

ステップ3
ステップ3
バリアコートイメージ 四角下地補修
下塗りの前に、下地のひび割れ、笠木などのくぎの浮きなどを補修します。
ステップ4
ステップ4
バリアコートイメージ 四角下塗り塗装
旧塗膜や下地材と上塗材の密着をよくするため、下塗り塗装をします。
劣化が著しい屋根には、2度下塗りシーラー塗装をします。
鉄部の部分にはサビ止め塗装をします。
ステップ5
ステップ5
縁切り作業イメージ 四角縁切り作業
下塗りの後、縁切り作業を行います。縁切りというのは、屋根塗装後に雨水排出のための溝を塞いでしまった塗膜をカッターなどで切る作業の事ですが、サトウ建装では屋根破損の心配の無いタスペーサーという工具を使用しています。 縁切り作業を行わないと、雨水排出のための溝に塗料が埋まって雨水が排出されなくなり、腐って傷んだり、雨漏りの原因となってしまいます。
ステップ6
ステップ6
中塗り塗装イメージ 四角中塗り塗装
塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせるため、中塗り塗装をします。基本的に中塗り・上塗りは同じ材料を使用します。塗装具はローラーが主体ですが、ローラが使用できない狭いところなどは刷毛を使用します。 一定の膜厚を確保するため、基準の塗布量を塗り継ぎなどに注意してむらなく塗装します。
ステップ7
ステップ7
上塗り・仕上げ塗装イメージ 四角上塗り塗装
屋根の中塗りの乾燥後、一定の間隔時間をおいた後、仕上げの上塗りをして、上塗り面を丈夫で美しくします。ローラーや、狭いところなどは刷毛を使って中塗りより丁寧に塗装します。一定の膜厚を確保するため、基準の塗布量を塗り継ぎなどに注意してむらなく塗装します。

ステップ8
ステップ8
軒天塗装イメージ 四角完了検査
全ての工程が完了しましたら、まず自主検査を行います。ひび割れ等がないか最終的な確認を行い、不具合を見つけたら手直しをします。その後、お客様と一緒に確認していただきますが、高い所に登れないお客様には、写真を撮ったりビデオ撮影をして、チェックしていただきます。
確認がとれたら足場を解体します。

ステップ9
ステップ9
樋塗装イメージ四角お客様にお引き渡し
近隣の皆様へ完成のごあいさつまわりをいたします。
足場の架設時に動かした物を元に戻し、かたづけをして清掃した後、お客様にお引き渡しします。

営業エリア
主に静岡県西部地区
袋井市、磐田市、掛川市、
浜松市、森町、菊川市、
その他周辺地域
小冊子無料プレゼント
これさえあれば塗り替え前の不安も解消!
サトウ建装はJIOの保険に加入しています。 しあわせリフォームローン12回~180回分割払いOK 日本建築塗装職人の会 リクルート