シリコン塗料のメリット

シリコン塗装は屋根、外壁塗装で最もポピュラーな塗装
  • 汚れに強く、耐久性が高い
  • メンテナンス費用を抑えられる

シリコン塗料のデメリット

シリコン含有量が少ないと耐用年数が短くなる
  • ウレタン塗料に比べひび割れしやすい
  • ウレタン塗料に比べ重ね塗りには不向き

サトウ建装がオススメするシリコン塗料

サトウ建装では信頼のブランド塗料を使用しています。
シリコン塗料の中で最も使用する塗料は、セラMシリコンⅢです。このセラMシリコンⅢは、シリコン塗料の中では高価な位置づけですが、30年を超える塗装キャリアから、塗料の信頼性が高いものを選びオススメしています。
シリコン塗料ならどれも同じではありません。確実に差のある塗料が存在しますので、塗料の機能、性能、耐久性、コストバランスを見極めお客様の為になる塗装を行っております。

セラMシリコンIII

  1. 優れた低汚染性
    付着した汚れと塗膜の間に雨水が入り、汚れを洗い流すことで美観を長期にわたり維持します。
  2. 高い耐候性
    JIS K 5658 建築用耐候性上塗り塗料2級に合格した高耐侯な塗膜が建物や鋼構造物の資産価値を守ります。
  3. 抜群の仕上り性
    肉厚感のある塗膜が優雅な美しさを演出します。
  4. 防カビ・防藻性
    防カビ・防藻剤の効果により、カビや藻の繁殖を抑えます。

◇◇◇シリコン塗装とは◇◇◇

「シリコン塗料」「シリコン樹脂塗料」とは、シリコン系・アクリルシリコン系の合成樹脂を主成分としている塗料のことです。
シリコン塗料・アクリルシリコン塗料といった名称を聞いたことがあり、混乱されている方も多いと思いますが、ほとんどの塗料メーカーで「アクリルシリコン樹脂塗料」のことを「シリコン塗料」と略して販売しています。
つまり、シリコン塗料もアクリルシリコン塗料も、同じ「シリコン塗料」の仲間として分類されます。
よく似た名称の塗料で、アクリル樹脂を主材料とした「アクリル塗料」というものがありますが、こちらについては寿命が短いことから、外壁や屋根にはほとんど使用されていません。
一方で、「シリコン塗料」「アクリルシリコン塗料」は、機能・耐久性・価格、いずれの面でもバランスが良く、外壁にも屋根にも頻繁に採用されています。汚れにくく、また四季によって変動する天候・気候に対する抵抗力も強いという魅力があります。

/// 1.耐汚染性に優れている ///

シリコン塗料は低電圧性で汚れが付きにくい性質があるので、雨や泥、ホコリや車の排気ガスなどの耐汚染性に優れています。また、塗膜が固く撥水性があるで、雨水や汚れを綺麗に弾く性質もあります。
油汚れを弾く性質により長期間綺麗な塗膜を保つ事ができるので、建物の美観性にこだわる方にとっては魅力的な塗料といえるでしょう。

/// 2.耐候性に優れている ///

シリコン塗料は、艶がある仕上がりにすることで光沢保持率が高くなり、塗膜の光沢を長期間に渡って保つことができます。ウレタン塗料と同じ環境で実験した所、シリコン塗料の方は2割ほど光沢保持率が高いという結果が出ました。
※光沢保持率とは、雨、紫外線、熱などの塗膜の劣化要因に対して初期の光沢を100%とし、劣化後に何%の光沢を保持しているかの割合のことです

/// 3.コストパフォーマンスが良い ///

シリコン塗料は、価格と性能のバランスが丁度良いグレードです。外壁面積が約100㎡の家の場合、以前まで主流だったウレタン塗料は価格相場65万円~75万円で耐用年数5年~7年なのに対し、シリコン塗料は価格相場80万円~90万円で耐久年数8年~12年と、価格の割に耐久年数が長くコストパフォーマンスに優れています。

/// 4.他の塗装より塗膜が硬いためひび割れしやすい ///

外壁に塗装した場合の話になりますが、シリコンは塗膜が硬く剥がれにくいというメリットがある一方、ウレタンなどの塗料に比べると弾性が低いというデメリットがあります。地震で外壁材がヒビ割れした場合にそれに追従できず、シリコンの塗膜も一緒に割れてしまうことが多いです。
モルタルやコンクリートの外壁の場合は、下塗りや上塗り材に弾力性のある「弾性塗料」を使用したり、2液型の塗料の場合は硬化剤を弾性硬化剤というタイプに変えてあげれば、その問題は解決できます。ただし、サイディングの外壁には膨れの原因になるので、弾性塗料は向きません。

◇◇◇こんなお客様にお勧めする塗料です◇◇◇

「高性能の塗料がいいけど、値段が高すぎる!でも、安すぎる塗料は不安…」という方にはシリコン塗料がオススメです。
シリコン塗料は、価格と耐久性が程よいバランスなので、コストパフォーマンスに優れています。アクリルやウレタン塗料などの値段が安い塗料は耐用年数が短く、塗り替える頻度が多くなるため、長期的に見るとかえって高くつく場合があります。
シリコン塗料であれば、値段も比較的お手ごろなうえに、耐用年数も無機塗料やフッ素塗料ほどではないにしても、8年~12年と長いため総合的にバランスの良い塗料と言えます。