防水工事は家を守ります

ウレタン塗膜防水
遮熱トップコート

FRP防水

塩ビシート防水

ゴムシート防水

アスファルト防水

プールの防水

防水工事は家を守ります。サトウ建装では様々な種類の防水工事を施工いたします。その場、その建物に合った最適の工法で屋上・バルコニー・ベランダ・屋根などの防水工事でお客様の大切なお住まいを雨漏りなどの浸水から守ります。防水工事は定期的なメンテナンスを行うことで、よりその効果を発揮します。是非お気軽にご相談ください。

防水工事

屋上・バルコニー・ベランダ・屋根などからの雨水の侵入を防ぎます。新築時に限らず、定期的なメンテナンスが必要です。

ウレタン塗膜防水・遮熱トップコート

ウレタンゴム系塗膜防水(ウレタン防水)は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化する)と、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。

FRP防水

一般住宅のベランダ等ではFRP防水が主流です。FRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforceed Plastics)の略称で、プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいところから、建物の防水材では木造住宅や駐車場などに、成形品ではボート、自動車のボディパーツ、浄化槽、バスタブ、ヘルメット、太陽光発電の基礎架台など幅広く利用されてます。

塩ビシート防水

塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成された防水層です。屋外での日光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性を持っています。塩ビシートは素材自体が予め着色され高い耐久性があるため、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になり維持管理費も節約することができるのがメリットです。

ゴムシート防水

合成ゴム系のシート状の材料1枚で構成された防水層で、下地の動きに対する追従性がよく、ALCパネル下地に対しては、その特徴を十分に生かすことができる。しかし、防水層としての厚みが薄いため、鳥の啄ばみなどによる損傷を受けやすい。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。熱工法・トーチ工法・常温工法(冷工法)などに分類されます。ルーフィングシートを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されるので、露出仕上げや押えコンクリートで仕上げたり屋上緑化を施したりと多彩な仕上げが可能です。

各防水の種類や特徴を活かしながら、防水工事を進めてまいります

公共物件もお任せください

サトウ建装では幅広く戸建ての物件からアパート・マンションの塗替え工事、工場・公共物件の防水や塗替え工事など様々なお仕事をお受けしています。心配に思っている、困っている等の悩みを是非お気軽にご相談ください。