和食の日

こんにちは、事務の松永です。

平年よりも暖かい日が多く秋はどこへと思っているうちに11月後半、さすがに吹く風も強く冷たく感じる日が多くなってきました。

11月24日は「和食の日」です。

和食は、以前からヘルシーかつ健康的なイメージで海外でも親しまれてきましたが、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され

より一層世界から注目を集めるようになりました。そこで和食の4つの特徴が挙げられています。

・自然の恵みの食材を活かしている

日本は南北に長いためその地域ごとに海や山、里など表情豊かな自然を見ることができ、それぞれの土地に根差した四季折々の

多様な食材を用いて、素材の味わいを生かした調理方法

・栄養のバランスがいい一汁三菜

タンパク質や脂質、炭水化物、ミネラル、食物繊維などを理想的なバランスで摂取することができる

・旬の食材と季節の飾りつけ

現在は一年中食べられるきのこは秋から冬、まさに今が旬です。

・正月などの年中行事と密接に関わっている

これから迎えるお正月のお節料理や七五三の食事には日本伝統の縁起のよいメニューが取り入れられています。

海外から日本を訪れる人も「訪日前に期待していたこと」の7割近くが「日本食を食べること」で再び日本を訪れた際にも

日本食を食べたいと考えている人が多いそうです。国内では「和食」離れが進み食の生活スタイルが大きく変化しつつありますが

この機会に改めて日本食を見直し意識して取り入れていきたいです。まずはお味噌汁を毎日の食事に取り入れてみてはどうしょうか。今週も天気と足並みを合わせながら塗装していきます。袋井、磐田 外壁塗装 その他地域もお任せください!

Scroll to top