屋根塗装の艶あり塗料と艶なし塗料の違いは見た目以外にもある?どちらがおすすめ?

住まいの外観を美しく保つためには屋根塗装が不可欠です。
艶あり塗料と艶なし塗料は、屋根塗装の選択肢としてよく比較されますが、どちらを選ぶかは持ち主の好み、さらには屋根に求める機能性や美観によって異なります。

この記事では、艶あり塗料と艶なし塗料の耐用年数の違いと、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

□艶あり塗料と艶なし塗料は耐用年数に違いはある?

艶あり塗料と艶なし塗料、どちらが屋根の耐用年数を延ばすのかは重要な検討事項ですよね。
艶あり塗料は、表面の平滑性から汚れが付着しにくく、それが塗膜の劣化を遅らせる効果をもたらします。
一方、艶なし塗料は、その凹凸が原因で塗膜の耐久性が落ちることがあります。

1:艶あり塗料の耐用年数とその理由

艶あり塗料は、その滑らかな表面が汚れや水分の付着を防ぎ、長期にわたって塗膜を保護します。
これにより、艶あり塗料は艶なし塗料と比較して1.5年から3年程度長い耐用年数を持つのが嬉しいですよね。

また、艶あり塗料は撥水性が高く、カビやコケの発生も抑えられるため、長期的な外観の保持にも優れています。

2:艶なし塗料の耐用年数とその制約

艶なし塗料は、耐久性を低下させる添加剤が用いられるため、耐用年数が短くなる傾向にあります。
艶なし塗料の表面には細かい凹凸があり、これが汚れや水分を引き寄せ、塗膜の劣化を早める原因となります。

そのため、耐久性を最優先する場合は、艶あり塗料の方が適していると言えるでしょう。

□屋根塗装における艶ありと艶なしのそれぞれのメリットとデメリット

屋根塗装を選ぶ際には、艶あり塗料と艶なし塗料のメリットとデメリットを理解することが重要です。
耐用年数に関しては艶あり塗料の方が優れていますが、艶なし塗料にも外観のメリットがあります。

*艶あり塗料のメリット

艶あり塗料は、その光沢で新築のような見た目を再現でき、汚れが付着しにくいという利点があります。
また、艶のある表面は撥水性が高く、カビやコケの発生を防ぐ効果もあります。
これらの特性から、艶あり塗料は耐久性に優れ、長期間新築のような美しい外観を手に入れられるのが魅力と言えるでしょう。

*艶なし塗料のメリット

艶なし塗料は、落ち着いた外観を演出し、和風の家屋やモルタルの家屋に高級感と重厚感を演出したい方に適しています。
落ち着きのある雰囲気や周囲との調和を求める場合に、艶なし塗料は最適な選択となります。

*両者のデメリット

艶あり塗料は、時間が経過するにつれて艶が失われることがあります。
一方、艶なし塗料は汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。
また、艶なし塗料の種類は限られており、選択肢が狭くなる傾向にある点も考慮しましょう。

□まとめ

艶ありと艶なし塗料、どちらを選ぶかは、屋根塗装における美観と機能性の両面に大きな影響を及ぼします。
艶あり塗料は耐久性が高く、新築のような外観を長期間保つことができますが、その艶が年々失われる可能性があります。

一方、艶なし塗料は落ち着いた外観を演出するものの、汚れが目立ちやすく、種類が限られている点を考慮しなければなりません。
ご紹介したポイントをもとに、自分の住まいに適した選択をしてくださいね。

Scroll to top