外壁塗装の水性塗料とは?メリットや注意点を紹介します!

環境意識が高まる今、外壁塗装において水性塗料を使用する人が増えてきています。
そのため外壁塗装をする際は、水性塗料の特性と適用方法を理解し、賢い選択をすることが重要です。

今回は、水性塗料の基本知識やメリット・注意点をわかりやすく解説します。

□外壁塗装の塗料には大きく2種類ある

外壁塗装には、主に水性塗料と油性塗料が存在します。
これらは塗料を溶かす溶剤によって分類され、塗装の性質や用途に大きな違いがあります。

1:水性塗料と油性塗料の違い

水性塗料は、顔料や樹脂を水で溶かして使用します。
これに対し、油性塗料はシンナーなどの有機溶剤を用いる点が異なります。
この違いは、塗料の乾燥時間や臭い、環境への影響など多岐にわたる特性に直結しています。

2:適用分野の違い

水性塗料は使用後の清掃が容易で、環境に優しいという特徴があります。
一方、油性塗料は耐久性に優れ、防水効果が高いです。
したがって、目的に応じて適切な塗料を選ぶことが重要です。

□水性塗料のメリットと注意点

水性塗料はその環境への優しさと施工のしやすさで、外壁塗装において注目されています。
では、水性塗料の具体的なメリットと、注意すべきポイントについて見ていきましょう。

*メリット

最大のメリットは、強い臭いがほとんどないことです。
油性塗料の使用時によく問題となるシンナーの強い臭いはありません。
これにより、塗装作業が近隣住民に迷惑をかけることが少なく、作業者の健康にも配慮されています。

さらに、油性塗料に見られる引火リスクが低く、保管や施工が比較的安全です。
溶剤中毒のリスクがないため、室内での作業も容易になります。

*注意点

水を希釈剤としているため、低温や湿度が高い条件下では乾燥が遅れる可能性があります。
特に冬季や梅雨時には慎重な計画が必要です。

また、アルミやステンレスなど特定の素材に対する適合性も課題です。
塗装前にはその素材に適した塗料かどうかを必ず確認しましょう。
さらに、水性塗料は塗膜のツヤの持続性に劣る傾向があります。
油性塗料に比べると、ツヤが失われる速度が速いという点を理解しておく必要があります。

□まとめ

この記事では、水性塗料と油性塗料の基本的な違いと、水性塗料のメリット、注意点を解説しました。
環境に優しい水性塗料は、多くのメリットを持ちますが、使用環境や塗装する素材を考慮する必要があります。

適切な塗料選びで、理想の外壁塗装を実現しましょう。

Scroll to top