外壁塗装で主に使われるローラーとは?その特徴や注意点を紹介!

外壁塗装では主にローラーやハケが使われます。
作業に使う道具は、トラブルを避けるためにもなるべく知っておきたいですが、馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外壁塗装に使用する道具の基本から、ローラーを使用する際の注意点までを解説します。

□ローラーによる外壁塗装の基本とハケ塗りの特徴

*ローラーによる外壁塗装

外壁塗装で一般的なローラー塗装は、塗料の飛び散りが少なく、塗料の無駄も出にくいメリットがあります。
技術がなくても比較的塗りやすく、厚く塗りやすいですが、細かい部分の塗装には向かず、さまざまなサイズや毛足の長さのローラーが必要です。

ローラーのサイズや毛足の長さは、塗装する外壁の状態に合わせて選びましょう。
広範囲を効率的に塗るには、適切なサイズのローラーを使用することで作業効率が向上します。

*ハケによる外壁塗装

一方でハケ塗りは、狭い箇所や塗り忘れの補修に適していますが、技術が必要で塗りムラが生じやすいデメリットがあります。
ハケは、ローラーでは届きにくい細かい部分や角部分に適しています。
塗りムラを防ぐためには、均等な圧をかける技術が求められます。

□外壁塗装でローラーを使用するときの注意点

ローラーで外壁塗装を行う際には、特に注意すべき4つの点があります。
飛散防止の対策はもちろん、ローラーの抜け毛、塗りムラ、適切な乾燥時間の確認が重要です。
これらを怠ると、美しい仕上がりを得ることは難しくなります。

1:飛散防止対策

ローラーによる塗装は飛散が少ないですが、飛散防止シートの設置は必須です。
近隣への影響を最小限に抑えるためにも必ず設置しましょう。

2:ローラーの毛の確認

使用するローラーは品質が高いものを選び、抜け毛が外壁に付着しないように注意が必要です。
低品質のローラーは毛が抜けやすく、塗装の品質を低下させる可能性があります。

3:塗りムラのチェック

ローラーでの塗装では、技術の差が直接仕上がりに影響を与えます。
塗装後は塗りムラがないか確認し、問題があれば直ちに修正しましょう。
特に塗料が薄くなっている箇所は、保護機能が低下する可能性があるため注意が必要です。

4:乾燥時間の管理

各工程での適切な乾燥時間は、塗膜の品質を保つために不可欠です。
季節や気温に応じて乾燥時間は変わるため、その管理が重要です。

□まとめ

ローラーを使用した外壁塗装は、適切な技術と知識を持って行えば、美しく仕上がります。
今回紹介したローラー塗装とハケ塗りの特徴、注意点を理解し、それらを実践することで、美しい外壁が実現します。

飛散防止や塗りムラのチェック、適切なローラーの選択、乾燥時間の管理など、細部に注意することも大切です。
これらのポイントを踏まえ、適切な塗装を行いましょう。

外壁塗装、屋根塗装に使う道具

外壁塗装、屋根塗装に使う道具

Scroll to top