外壁塗装の浮きを発見!そのリスクや補修方法を紹介します!

私たちの住まいは、日々さまざまな外的要因に晒されています。
特に外壁塗装は、家を守る重要な役割を担っていますが、時には浮きや膨れという問題が発生します。
そこで今回は、外壁塗装の浮きや膨れがもたらすリスクについて解説します。

これらの問題を見過ごすと、単に外観を損ねるだけでなく、建物の構造自体にも深刻な影響を与える恐れがあるため、適切に対処しましょう。

□外壁塗装の浮きや膨れが及ぼすリスクとは?

外壁塗装の浮きや膨れは、見た目が悪いだけでなく、建物の保護機能を著しく低下させ、重大な問題を引き起こす可能性があります。
このリスクを知っておくことが重要です。

1:保護機能の低下

外壁塗装が浮いたり膨れたりすると、塗膜が破れやすくなります。
破れた箇所から雨水が浸入し、外壁材を損傷させ、雨漏りの原因になる恐れがあります。
また、周囲の塗膜も悪影響を受け、さらなる損傷の連鎖が生じるかもしれません。

2:美観の損失

外壁の塗装が浮いてしまうと、外観の美しさが損なわれる点が大きなリスクです。
塗装の凹凸が目立ち、建物全体の印象が悪化してしまいます。

3:進行の早さ

残念ながら、塗装の浮きや膨れは自然に治ることはありません。
放置すればするほど、状態は悪化し、より広範囲に影響を及ぼします。

4:保証期間の問題

施工不良が原因の場合、保証期間内であれば再施工の可能性があります。

しかし、すぐに対処しなければ保証期間を逃すリスクがあるため、注意しましょう。

□外壁塗装の浮きを見つけたらどのように補修する?

外壁塗装の浮きを発見した場合、自分での補修かプロへの依頼かを検討する必要があります。
ここでは、どのように補修すれば良いか、自己補修の方法とプロへの依頼のタイミングについて説明します。

*自己補修の方法

小規模な浮きであれば、自己補修も可能です。
古い塗膜を剥がし、洗浄後にしっかり乾かしてから塗装を行います。
下塗り、中塗り、上塗りの順で丁寧に塗装し、乾燥を確実に行うことが重要です。

ただし、自己補修には限界があり、完璧な仕上がりを期待するのは困難です。

*プロへの依頼のタイミング

素人の補修では限界があるため、やはりプロに依頼するのがおすすめです。
特に、浮きが広範囲に及んでいる場合や、施行不良が疑われる場合は、早急にプロに相談しましょう。
また、保証期間内であれば、施工会社に再施工を依頼するのがおすすめです。

□まとめ

外壁塗装の浮きや膨れは見過ごせない重要なサインです。
これらの問題は、外壁の保護機能の低下や美観の損失など、建物に深刻な影響を及ぼします。
自己補修の方法もありますが、限界があるため、プロへの依頼を早めに行うことが重要です。

外壁塗装の問題を早期に発見し、適切に対処することで、建物を長持ちさせ、快適な住環境を実現できますよ。

Scroll to top