屋根塗装の色は耐久性にも影響する?遮熱性にも注目しよう!

家の屋根は、見た目の美しさを決定づける要素の一つですが、実はそれ以上の重要な役割を担っています。
特に屋根塗装の色は単なる外観の美化にとどまらず、家全体の耐久性や機能性にも影響を与えているのをご存知でしょうか。

そこで今回は、屋根塗装における色の選び方が家全体に及ぼす影響について掘り下げていきます。

□屋根塗装の色は家の耐久性にも影響する

実は、屋根塗装の色は家の耐久性に影響を与えます。
屋根は、紫外線や太陽光の影響を直接受けるため、色によって塗膜の劣化の度合いが異なるのです。

*紫外線に強い色を選ぶ

紫外線や太陽光の影響で塗料が劣化し、色あせやチョーキングといった現象が起こります。
特に、赤や黄色などの鮮やかな色は色あせしやすく、暗い色の方が色あせに強い傾向があります。

*日射反射率の重要性

先ほど紹介した色あせに強い黒などの暗色を選ぶことも重要ですが、屋根の色を選ぶときは日射反射率も考慮しなければなりません。
暗色は遮熱性能を発揮しにくく、夏場の室内温度を高める原因となります。
このため、遮熱塗料を使用する場合は、ホワイトに近い色が推奨されます。

□屋根塗装の色選びと機能性

屋根の耐久性に大きく影響する遮熱性や断熱性は、選ぶ色によって大きく変わります。
ここでは、色ごとの特性と機能性に焦点を当てて解説します。

1:グレー

グレーは屋根塗装で非常に人気のある色です。
ダークグレーやライトグレーといった異なる濃淡があり、どちらも遮熱・断熱効果を損なうことなく、ホワイトよりも汚れが目立ちにくいというメリットがあります。
彩度が低いため、外壁の色に関わらず調和しやすく、上品な仕上がりになりますよ。

2:ブラウン

ブラウンは、ブラックに比べても遮熱・断熱効果が期待できます。
柔らかい印象を与え、特にイエロー系やベージュ系の外壁に合わせやすい色です。
自然に溶け込む印象を与えるため、環境に調和する屋根色としておすすめですよ。

3:グリーン

グリーンは自然との調和を図る上で最適な色です。
視覚的にも安心感や癒しを与え、汚れが目立ちにくい特性を持っています。
淡色のグリーンを選ぶことで、遮熱・断熱効果も損なわず、外壁の色を選ぶ際にも幅広い選択肢を持たせます。

4:ホワイト系

ホワイトやライトグレーは、日射反射率が高く、遮熱効果に優れています。
太陽の熱を効果的に反射し、夏場の屋根の温度上昇を防げるのです。

ただし、汚れが目立ちやすいので、メンテナンスの頻度が増える可能性があることは考慮しておきましょう。

□まとめ

屋根塗装の色選びは、家の外観だけでなく、機能性にも大きな影響を与えます。
グレーやブラウン、グリーン、ホワイト系など、各色には特有の特性と機能があります。

これらを考慮しながら、外壁の色や周辺環境にも調和する色を選ぶことで、屋根は美しさと実用性を兼ね備えた屋根を実現可能です。
理想的な屋根の色選びをするために、この記事で紹介した色ごとの耐久性を意識してくださいね。

Scroll to top